愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ(創寫舘グループ)」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

赤ちゃんとのコミュニケーション 10か月〜1歳編

 

今回は10か月〜1歳の赤ちゃんについてお話ししていきます♪

 

10ヶ月の赤ちゃん

手先が器用になり、伝い歩きを始める子もいます。
おもちゃを持って打ち合わせることができるようになります。
興味を持ったことに対して、指をさして伝えようとする姿も見られます。

・指をさした先を見て「◯◯だね」と伝えるだけで、
赤ちゃんは受け止めてもらえたと感じられます。

・言葉の理解が少し出来るようになります。
褒められている事を理解でき、褒められた事をもっとやろうとするので
どんどん褒めていきましょう。

・「どうぞ」「ちょうだい」のやりとりで大人と遊ぶようになります。
また、リズム遊びも好きになります。
リズムに合わせて大人も一緒に踊るとそれを見て真似しようとします。
赤ちゃんも大人も一緒に楽しみましょう。

11ヶ月の赤ちゃん

伝い歩きがじょうずになり、一人で立っちができるようになります。
手先がさらに器用になり、蓋の開け閉めができるようになります。
お昼寝が短くなり、活動できる時間が長くなります。

 

・声を出す事を楽しむようになります。
たくさん話しかけてコミュニケーションを取りましょう。
子どもの声を真似したり、要求を言葉にして伝えるのも大切な時期です。

・積み木で遊ぶ事を楽しめるようになります。
ぶつけて音を出したり、積んだ積み木を崩したりできます。
大人が一緒に遊んでいく事で、真似をして遊んでくれます。
一緒に遊んで、どんどん遊び方を伝えていきましょう。

1歳0か月の赤ちゃん

歩き始める事ができるようになります。
個人差もありますが、そのうち歩けるようになります。

自我が芽生えて、自己主張ができるようになります。
機嫌の良し悪しで扱いにくいと感じるような場面も出てきますが、
心の成長の大切な過程となります。
受け止めていきましょう。

 

・道具を使った遊びができるようになります。
バチで木琴を叩いたり、指でボタンを押したりと遊びの幅がさらに広がっていきます。
大人も一緒に楽しく!出来たときは褒めていきましょう。

・初めて意味のある言葉を話すようになります。
簡単な言葉の意味が理解できるようになり、
「ないないしてね」と言うと、自分でお片付けが出来るようになります。
お片づけも一緒に楽しく!

 

 

生長とは日々の積み重ねが大切です。
昨日歩けたけど今日はできない、と言う事はよくあるものです。
失敗と成功を繰り返して成長していきます。

うちの子はできない、と落ち込むのではなく
まだ準備期間なんだと思っていれば
そのうちできるようになります。
出来たときには思いっきり褒めて、
喜びを赤ちゃんと共有していきましょう。

 

************************************************************************************************

できるようになった記念を形に残しませんか?
ベビーの撮影ご予約はこちらから☆

 

この記事を書いたのはkatoです。

書いた記事一覧