愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ(創寫舘グループ)」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

桃の節句特集

だんだと暖かくてなってきたような寒いような。

早く春よ来い!という感じですね。

もう2月もあと少し3月に入ったらすぐに桃の節句です!

おひな様を出しておくのもあと少し、と言うわけで

本日は桃の節句特集!!!

そもそも桃の節句とはなに?

いまさら聞けない桃の節句でやるべき事、などなどをまとめていきます。

 

 

まずは、節句とはなんなのか歴史からご説明します。

節句だけで言うと「端午の節句」「桃の節句」がありますが

今回は「桃の節句」についてお話しします。

 

桃の節句とは、

遠い昔中国で3月の最初の巳に水辺で身を清める週間がありました。

それが平安時代に日本に伝わり草木や紙などで作られた素朴な人形に自分の厄災を移す慣わしや貴族階級の女の子の間で始まった「ひいな遊び」という人形が遊びが結びつき、海や川に人形をながしてお祓いする習慣となり

3月3日は女の子の「桃の節句」や「雛祭り」と呼ばれて定着していきました。

 

「桃の節句」と呼ばれるのは、旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、

桃は魔除けの効果をもつとされてきたからだそうです。

 

雛人形は、娘の厄を引き受ける役目があり、災いがふりかからず美しく成長してして幸せな人生を送れるようにという願が込められているそうです。

 

では、「桃の節句」は実際には何をしたら良いのでしょうか。

 

まず一番にうかぶのは

「雛人形」ですよね!

段々の大きな物から可愛らしいお洒落なものまで

今ではとっても沢山の種類の雛人形があり見てるだけでもワクワクして来ますよね!

 

次に「食べ物」!

桃の節句にたべるべきものは

・菱餅

・雛あられ

・白酒

・はまぐり

・ちらし寿司

これらを頂きながらお祝いしてみてはいかがでしょうか。

食べ物ひとつひとつにも意味がきちんとしたあるので

お子さまと一緒に雛人形を飾りながら「桃の節句」の由来などをお話すると

お子様も興味を持ってくれるかも知れませんね!!

 

最後に「記念撮影」!!

よくご自宅で雛人形と一緒に写真を撮ることはあると思います。

もちろんそれもとっても記念になると思います。

 

当店では今年から「POSYオリジナル十二単」をつくりました!

よくみる赤やピンクのなどの豪華な十二単もステキですが

POSYでは、POSYのスタジオに合わせた世界に一つだけの十二単を提案しております!

 

お洒落なスタジオに負けないお洒落な十二単に仕上がっております。

生地一つ一つを1から全ての選んでリボンまで全てのこだわりました!

他とは一味違う

お子さまをお洒落なおひな様にしてお写真を撮るのがおすすめ!

 

3月3日を過ぎても撮影はできますので

お考えの方はぜひお越し下さい!!

 

撮影のご予約はこちらから!!

この記事を書いたのはkatoです。

書いた記事一覧