愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

神前結婚式の3つの魅力

新年2019年となり、平成が終わり新しい元号に変わる年となりました。

季節もまもなく結婚式が鮮やかに彩る季節 春 になります。

気候的にも穏やかで緑が1番美しい季節は神社での神前結婚式がとても魅力的です。

教会式や人前式とは全くちがう世界観、神前式の素晴らしさをご紹介します。

 

〜神前式の3つの魅力〜

魅力1.厳かな空気

魅力2.和の美しさ

魅力3.和の色、神社、木々、青空の織りなす美しさ

 

 

厳かな空気

多くの神社は、木々に囲まれ外の喧騒を感じさせないくらい神聖な空気が流れています。

一歩また一歩と歩くだけ人の踏みしめる音、木々のせせらぎが聞こえてきます。

さらに雅楽と呼ばれる独特の音楽が流れ始めると身が締まる思いなりつつ、現実と切り離された感覚を受けます。

緊張とは違うこの感覚は神前式独特の感覚と言われます。この感覚に包まれながらの神前式では、人も木々もすべてが一体であると感じるそうです。

 

和の美しさ

白無垢を着た新婦に赤い傘がさされ、常緑樹が風に揺れる中、一歩一歩進むたびに時折、白無垢の刺繍が光に照らし出される。

着物の刺繍だけでなく、日向と日陰を歩く中、光が当たることで浮き上がる美しさ。

木々だけでも作り出せない、木漏れ日だけでも作り出せない、素晴らしい刺繍だけでも作り出せない。

1つ1つが重なり合うことで生まれるのが「和の美しさ」です。

和の美しさの最上級の表現に「清ら」という言葉があります。清く美しいこと、気品ある美しさのこと。

神前挙式の「和の美しさ」とはまさに「清ら」です。

 

和の色、神社、木々、青空の織りなす美しさ

神社の織りなす色彩、木々の緑色、社の茶色、砂利や石畳のグレー、空の空色は

神前式に見られる白無垢の白色、赤い傘、神職の方々の緑や紫、エンジなどの色をとても美しく魅せます。

「和の美しさ」にも通じますが自然の色と人の手の色とが織りなすことで美しさが表現されます。

「和の美しさ」が一番際立つのが場所が神社といわれるのは、自然と人の手が長い時間をかけて溶け込み一体となり絶妙なバランスを作っているから、そして、そこに「新しい和の色彩」が彩るからこそ美しいのだと思います。

 

 

神前結婚式は「和の世界観」に彩られた空間です。

自分自身と伴侶、そして両家族の「結びつき」が深まる瞬間を感じることのできる結婚式です。

 

和の織り着物のように、重なり合った色糸を紡ぎ、織りなすことで生まれるお二人の色・柄。

そんな美しい人生の歩み始めが自然の中の神社できるのが神前結婚式の魅力です。

 

 

 

 

POSY神前結婚式ページはこちら

成海神社ホームページはこちら

 

前回の内容「神前式、教会式、人前式のちがい」はこちら

この記事を書いたのはtachiです。

書いた記事一覧