愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

七五三参拝当日のおすすめな過ごし方ベスト3!

こんにちは!

 

最近はだいぶ涼しくなってきましたね。

衣替えの季節になって

今年はどんな服を買おうか、どんなコーディネートしようか

みなさんはもう考えてますか?

秋の服は可愛い物が多いので大変ですけど

考えるのが楽しいですよね!

 

 

 

暑い時期だとまだまだ七五三を考えることができなかった方もいると思いますが涼しくなってきていよいよ考え始める方も多いと思います!

お出かけシーズンが近づいてきましたが、当日の過ごし方はおきまりですか?

お出かけって言っても何をしたらいいの?と

わからない方も多いと思うので

今回は出かけ当日のオススメの過ごし方をご紹介いたします☆

 

まずは一番の定番!!

七五三と言ったら神社でご祈祷

最近ではご祈祷をしない方もいるみたいです。

そもそもご祈祷って必要なの?

なんのためにやるの?

と思っている方もいると思います。

 

そんな方に少しだけ七五三詣りの意味をお伝え致します。

七五三は、男の子が3歳、5歳。女の子が3歳、7歳で行われます。

もともとは性別年齢に応じてお祝いの儀式が行われていたようで

『無事に成長したことへの感謝と、これからの健康と成長を願う』

現在では

『健やかな成長を氏神様にお祈りをする』

という意味で11月15日に神社へお詣りいく事を広く行われています。

 

中には、ご祈祷はせずに参拝だけという方もいらっしゃいますが、

一生に一度しかない行事ですし、お子様にご祈祷をしっかり体験させてあげるのもとっても大事だと思います。

 

七五三にはかかせない千歳飴ももらえることも多いので

しっかりとご祈祷をしてもらうのがオススメです!

 

ちなみに千歳飴はとっても長いのでお子様が一人で食べるのは大変ですし、ちょっと危険ですよね。

千歳飴は縁起物なので切ったり分けたりするのは、、、、

と思う方もいるかもしれませんが縁起は分かち合う物と言われているので家族で分けて食べるのがいいみたいですよ!

 

 

お子様が一生懸命ご祈祷をがんばった後は

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん

みんなそろってお食事!!

 

お店によっては時期になると『七五三お祝い善』などを

食べれるお食事処もありますよね!

 

ところで七五三のお祝いは何を食べればよいの?

と思う方もいるかもしれませんが、

昔からお祝いの時は赤い物と言われ

お赤飯や鯛などが大きくあげられますが

七五三のお食事は好きな物を食べれば良いようです!

ご祈祷や写真撮影をがんばったお子様に

好きな物を食べさせてあげましょう!

お家でゆっくり楽しく食べるのも素敵ですが

少し特別感を出したいときは外食がオススメです

今回は、七五三お祝い善が人気の『日本料理 小や町』さんをご紹介致します!

七五三のシーズンのみにこちらを食べることができます。

立派な鯛や、お寿司、お子様の大好きな揚げ物などがたくさん入った

子供にはもってこいの七五三お祝い善になってます!

とっても人気でシーズンになるとすぐに予約が取れなくなってしまいますので

早めの計画をオススメ致します!!

 

最後に記念撮影!

最近は、前撮りが一般的になってきていますよね。

なぜ前撮りが多いかといいますと

・当日だとバタバタしてしまう。

・お出かけまでに一回子供が着物をきちんと着れるか試したい

などがあげられます。

私たちもスタジオ撮影は前撮りをオススメしていますが

前撮りと当日は髪型も着物も違うからどちらも残したい!

と思う方も多いと思います。

そんな方にオススメなのが神社のロケーション撮影。

これはどこでもとれたり、やってくれたりするわけではありませんが

神社の大自然の中でお子様の自然な笑顔がとれたりうれしいですよね!

遠方でなかなかあえないおじいちゃん、おばあちゃんがお祝いにきてくれる方一緒に撮るとお子様にもとってもいい記念になりまうよね。

なかなか撮ることができないので、とっても特別な写真になること間違いなしです。

スタジオポージィでは、

前撮りと当日のロケーション撮影と成海神社さんのご祈祷などが

全て1つになっているパックがあるので今年の七五三はこちらでばっちりですね☆

 

七五三パックが気になる方はこちら

 

当日は、お着物を着て、ロケーション撮影、ご祈祷

最後においしいお食事をみんなで食べましょう!!!

 

 

お問い合わせはTEL、WEBどちらからも承っております。

TEL→052-625-1100

WEB→お問い合わせフォーム

 

 

 

 

この記事を書いたのはkatoです。

書いた記事一覧