愛知県名古屋市の写真スタジオ「フォトスタジオ・ポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオ・ポージィ」

Newsお知らせ

似合うメイク

みなさんは『自分に似合うメイク』とはどんなものかわかりますか?

 

同じメイクをしても似合う人と似合わない人がいると思います。

メイクは『自分のなりたい自分』に近づける自由なものですが

『似合うメイク』と『好きなメイク』とは別のものです。

 

この色を使った方が元の個性が引き立つとか、

こういうラインの引き方の方が元のパーツが華やぐとか、

このアイテムの方が元の肌に合ってるとか。

 

自分の顔に合うメイクが『好きなメイク』なりたい顔とは違うのです。

 

こうした方が顔立ちに似合うとか、こうすると肌に合ってるとか、そういうのはたくさんの理論があるんですけど、それが絶対自分の「なりたい顔」に仕上がるかっていうと、そんなことは無いのです。

 

望んでない自分のメイクを、似合うって言われるのは、何か違う。

かといって、好き勝手やったメイクで、実際周りからは「変だな」って思われるのも辛い。

そういう意味で、「似合うメイク」って結構難しい問題ですね。

 

『似合うメイク』とは

その人の顔立ちを生かしつつ、なりたい自分に近づけるもの。

背伸びして過剰にする必要はないし、逆にマニュアル通りにしてなりたい自分を諦める必要もなくて、自分の納得いく自分に作ってあげるもの。

それが「似合うメイク」なのだとおもいます。

だからといって「似合うよ」って言われたから、好きではないメイクを続けるのも嫌ですし

逆に、自分でも「似合ってるかな?」って不安になりながらも好きなメイクだからってそのメイクをしなくてもいいのです。

ちょっとずつちょっとずつ手探りで考えながら試しながら、自分の中で納得できるメイクを見つけるのが一番だと思います!

 

ただ、メイクにもTPOがあります。

友達と遊ぶ時になりたい顔、

会社の上司に見せるためのなりたい顔、

家族に会う時に見せたい顔とか、

色々違います。

TPOを考えると、いつも同じメイクするわけにもいかないです。

それがどんなに好きなメイクでも。

 

それと、顔立ちはそんなに変わりませんが、肌質とか顔の悩みとかは年々変わっていくと思います。

隠したい場所増えたとか、昔ほど油が出なくなって乾燥してきたとか。

だから、「似合うメイク」も、ちょっとずつ変わったりします。

ずっと同じメイクをしていくわけにはいきません。

ですが、メイクをしていくと自分に似合うメイクが見つけていくのが

楽しくなると思います。

 

どうせ似合わないとかやっても意味ないな

とか最初っから決めつけずにいろんなメイクを試して楽しみましょう!

この記事を書いたのはkatoです。

書いた記事一覧