愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

夏。

最近暑い日が続いていますね。

なんだか、もう夏という感じです。

 

みなさん、「夏」といえばなにを想像しますか?

 

 

プール

ひまわり

花火

などなどたくさんあると思います。

 

 

夏を思いっきり楽しみたいですが、気になるのは紫外線。

肌にとって過酷な肌環境になる季節が夏です。

 

 

初夏から夏にかけて、どんな生活や肌のケアをしていたかによって

秋から冬にかけての肌状態が変わってくると言われています。

夏に受けた肌へのダメージが少し和らぐ秋口頃になって

さまざまなトラブルとなって出てくるケースが実は多く見られるんです。

 

 

夏のダメージが秋の肌トラブルにならないためにも

夏の肌ダメージの対策法をしっかりチェックしましょう!

 

 

 

 

ちなみに、夏の肌ダメージの3大要因はご存知でしょうか?

 

 

1番に思いつくのは「紫外線」。

これはしっかりと対策しているかたが多いと思います。

紫外線がシミやシワの原因になるのは有名ですよね。

夏になってから日焼け止めを塗り始める方も多いと思います。

しかし、1年中降り注ぐもの。

洗濯を干すだけ

ゴミを出すだけ

少し外に出るだけでも、少しの紫外線が積み重なると大きいものになります。

 

 

2つめは、汗。

暑い夏は、外にいるだけで汗をかくと思います。

過剰に汗をかくと体に害なものになったり

ゴシゴシと汗を拭くことで肌を傷つける原因になります。

汗の塩分が逆に肌のうるおいを奪うなど

肌の水分と油分のバランスが崩れてしまいます。

また、毛穴が開きそこへメイクがが入り込んだりも…

夏は特にクレンジングでしっかりとメイクを落とすことが大切になります。

 

 

3つめは、気にしていない方も多いかもしれない冷房による「冷え」です。

暑くなるとどこのお店に行っても、室内は冷房が効いていて涼しいですよね。

しかし、過度なエアコンは、乾燥や肌荒れ、くすみなどの影響が出ています。

エアコンだけではなく、冷たい食べ物・飲み物が欲しくなる季節。

ですが、それが冷えの原因になったり。

自分の気づかないところで、体の冷えが進行していることもあります。

夏でもカラダを温めることがオススメです。

 

 

 

このように、夏はいろんなところに肌ダメージの原因になるものがあります。

今まで意識していたことはもちろん

意識していなかったものも

少しだけ気にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

夏は、海に花火にイベントもたくさん!

この夏を楽しむために

キレイになるために

もっともっと「美容」について考えてみるのもいいかもしれないですね♪

この記事を書いたのはmakimotoです。

書いた記事一覧