愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

七五三

名古屋市内で七五三の参拝ができる神社5選

今回は七五三についてお話ししていこうと思います。

いつやるの?撮影だけでいいの?参拝はどこに?着物はどうしたらいいの?

初めての七五三だと何から考えていいかわからないと思う方も多いと思います。

そんな七五三の悩みを解決し、準備万端でお子様の大切な記念日を迎えましょう♪

 

1,七五三はいつやるの?

七五三は11月15日に行われる行事で、男の子は満3歳と5歳、女の子は満3歳と7歳でお祝いするのが一般的です。

なんで3歳、5歳、7歳で行うのか。

昔の習わしで、3歳に「髪置きの義」5歳に「袴着の義」7歳に「帯解きの義」が行われていたことが始まりです。

 

「髪置きの義」

数えで3歳になる年に髪を伸ばし始める儀式で、平安時代から行われていました。江戸時代までは、赤ちゃんの時に毛を剃っておくことで「健康な毛髪が生えてくる」と信じられていて、男女問わず3歳までは坊主でいる習慣が合ったそうです。それで、「髪を伸ばし始める」=「健康長寿」という願いが込められた儀式なんです。

 

「袴着の義」

袴を着始める儀式で、平安時代では男の子だけでなく女の子にも行われていた儀式です。現代のように「袴着は男だけ」みたいになったのは、江戸時代の頃からだそうです。

 

「帯解きの義」

女の子が紐付きの着物から、大人と同じように帯を締めて着物を着始めると言う儀式で、紐を取ることから「紐落し」とも言われます。

 

では満年齢でやるのか、数え年でやるのか。

まずどうちがうのかを説明していきます。

満年齢とは、誕生日で「年齢」を数える方法です。

例えば、2018/1/1に産まれた子が満3歳でやるとなると2021/1/1以降にやるということですね。

数え年とは、産まれた時を1歳とし、正月を迎えるたびに年齢を1歳重ねると数える方法です。

例えば、2018/1/1に産まれた子が満3歳でやるとなると2020/1/1以降にやるということになります。

もう一パターン2018/12/31に産まれた子も同じ2020/1/1にやるということになります。

 

2,七五三は何をやるの?

大きく分けると二つです。

「参拝」と「撮影」

この二つに分けられます。

参拝は神社に詣でて、ご祈祷してもらい、記念品の千歳飴をもらいます。

ちなみに千歳飴には「無事に育って長生きして欲しい」という願いが込められています。

撮影は参拝日までにフォトスタジオで撮影してもらう、前撮りが一般的です。

 

3,七五三の参拝いつどこでやるの?

参拝は11/15の七五三の日にするのがベストです。ですが、近年は10月の始めから12月の終わりの期間で都合の良い日に参拝しています。

参拝先は主に近くの神社に詣でるのが多いですが、お寺さんでも構いません。シーズンになれば直接行ってご祈祷してもらえることがほとんどですが、神社によってはご予約が必要な場合もありますので、参拝する神社を決めたら一度問い合わせしてみて下さい。

 

4,名古屋市内で七五三の参拝ができる神社はどこ?

名古屋市内ですと、熱田神宮、塩竃神社、城山八幡宮、伊奴神社、成海神社、辺りが大きくて有名所ではないでしょうか。

熱田神宮(熱田区)

御祭神は熱田大神(草薙神剣を御霊代・御神体としてよらせられる天照大神のこと)となります。三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)御鎮座されている由緒ある神社です。初詣や夏祭りではたくさんの出店が出て大変賑わいます。提携している写真館もいくつかあり、七五三パック(着物レンタルや撮影付き)なんかもありますね。

塩竃神社(天白区)

御祭神は盬土老翁神(しおつちおぢつのかみ)となります。御祭神は潮流を司る海路の神ともいわれており、出産は潮の干満に関係していることからその満潮時に無事安産を祈って、潮路の神かた安産守護神として、安産祈願で大変有名な神社ですね。安産祈願を塩竃神社でされる方が多いことから七五三ご祈祷もそこでという方が多いです。

城山八幡宮(千種区)

御祭神は應神天皇(おうじんてんのう)、神宮皇后(じんぐうこうごう)、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)となります。應神天皇神功皇后の母子信仰を始めとして、国家鎮護・武家守護・厄除開運・必勝守護・武運長久・方除け・交通安全(海上安全・旅行安全)・安産守護と、時代により処により様々な御神意を顕してきたお宮です。城山八幡宮は厄除開運・交通安全で大変有名なお宮さんになります。

伊奴神社(西区)

御祭神は伊奴姫神(いぬひめのかみ)となります。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の御子である大年神(おおとしのかみ)の御紀である伊奴姫神は子受け、安産、夫婦円満、家内安全等に大きな御神穂をお受けくださる神様であることから安産祈願で有名な神社です。犬石像があることでも有名ですね。

成海神社(緑区)

御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)になります。草薙神剣が熱田に還座(草薙神剣盗難事件)された時に日本武尊の縁由により鎮座されたといわれます。確実に式内社と言える数少ない由緒ある神社です。近年では七五三の参拝が多く、年間で1000組近いお子さんをご祈祷しています。ポージィと提携している神社で、スタジオとしてはポージィでしかロケーション撮影を行うことができません。

 

5,名古屋市内でロケーション撮影ができる神社&スタジオ

先にご紹介した神社のほとんどがロケーション撮影可能です。出張カメラマンさんも今だとすごく増えきているのでお願いすればどこの神社でも撮影してもらえるのかと思います。

 

6,POSYの七五三参拝パックをご紹介

成海神社と唯一提携しているスタジオであるポージィでは撮影からご祈祷まですべてパックになったプランがあります。

パック内容は

撮影(スタジオ+神社ロケ)

レンタル衣裳(スタジオと参拝の2回)

美容(着付+ヘアセット)

台紙付写真(六切サイズが2枚データ付)

ご祈祷券

となります。ですので、こちらのパックを申し込めばほかに料金がかかることはございません!

10年近く続けているパックで、提携スタジオということからロケ写真のクオリティはまちがいありません。神社内の撮影スポット熟知しているため、撮影時に初めて神社を見る出張カメラマンとはちがいます。

7,七五三の参拝は着物を着てお出掛けしよう!

先にもご紹介しましたが、七五三をやるには意味がしっかりとあります。ただ参拝をすればよい、ご祈祷してもらえばよいというだけでなく、昔からの習わしに沿うことで初めて意味があるものとなります。それに、現代ですと、お着物を着る機会がそんなに多くはありませんし、子供に体験さしてあげられるのは子供のうちだけです。今は色んな柄や色がありますのでどの着物が似合うのか、選んでいる時間も楽しいものです。

ポージィの衣裳はこちら見れます

 

7,ポージィの七五三をご紹介

現在スタジオ撮影がお得にできるキャンペーン中!!

詳しくはこちらから

 

スタジオ&ロケーション フォトギャラリー

この記事を書いたのはohmuraです。

「来るもの拒まず去るもの追わず」これが一番楽だと思う。

書いた記事一覧