愛知県名古屋市の写真スタジオ「フォトスタジオ・ポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオ・ポージィ」

Newsお知らせ

瞬間の尊さ

スタジオPOSYには実に多くのお客様がご来店下さる。

マタニティ・お宮参り・百日・ハーフバースデイ・1歳バースデイに七五三。

成人・婚礼・結婚記念・長寿記念…。

記念撮影の種類を挙げていったらキリがない。

 

記念の数だけ特別なその瞬間-とき-の表情が存在する。

子どもの出産から1歳の誕生日を迎えるまでは、特に如実にその瞬間の変化が理解出来る。

 

お母さんのお腹の中に新しい命を授かり、十月十日の期間を経て大切に大切に少しずつお腹の中で成長していく

「マタニティ」。

愛しい我が子との大切な出逢いを心待ちにする夫婦の表情は喜びと楽しみに包まれ、新たな命の誕生に周囲も含めて歓喜する。

慣れない事だらけの子どもとの新生活に奮闘しながら、可愛いだけでは済まない苦悩の時も共に乗り越え、子どもの成長を見守り、改めて今後の健やかな成長を願って参拝する。

それが「宮参り」。(生まれてから男児は31日、女児は32日が正式と言われている)

 

近年では生後100日頃の「百日参り」と併せて行う人も増えている。

乳歯が生え始める事から食に困らないようにと願を掛けて行う歯固めの儀が有名。

 

それから半年が過ぎ、少し危なげながらも一人で座る事が出来たり、ハイハイで動く事の楽しさを知る頃。昔は赤ちゃんが生後半年、1年をいかに乗り切れるかがその後生きていけるかどうかのターニングポイントだった。その事から、半年間無事に成長出来た事のお祝いをする「ハーフバースデイ」。

 

そして初めて迎える「誕生日」。

12ヵ月という月日の中で、最初こそ寝転んでいるだけだった赤ちゃんは首が据わり、うつ伏せが出来るようになり、寝返りを覚えてハイハイをして、気が付けばつかまり立ちや伝い歩きをして拙いながらに言葉を話すようになる。

その1年は長いようで短い。そして夫婦の絆を更に深め、父として母として人として成長出来る特別な時間。

手が離れるまでは何年もあるけれど、最初の1年程成長過程が著しく変化する時は無い。

そのひと月ひと月を実感しながら、噛みしめながら見ていくと成長の喜びも一入。

 

1歳で成長が終わるわけではないので、今後も沢山の成長や人生の分岐点が発生する。

その瞬間の尊さはひとつひとつ何物にも代え難く、逃してしまっても時間の流れは戻りはしない。

貴重なその瞬間をその時その時に大切にしていく事。

言葉に表すのは簡単だけど、実行する事はなかなか難しい。

そんなお父さん、お母さんの手助けに少しでもなる事が出来たらいいなと思う。

この記事を書いたのはkikutaです。

書いた記事一覧