愛知県名古屋市の写真スタジオ「スタジオポージィ」

名古屋市緑区のフォトスタジオ「スタジオポージィ」

Newsお知らせ

「フォトスタジオ」としての写真 その2

前回に引き続き「フォトスタジオ」の写真について書こうと思います。

③自然光での撮影

「フォトスタジオ」所謂「写真館」は以前はストロボという瞬間的に発光する装置を使って写真を撮っていました。

勿論まだまだストロボは使われていますし、ストロボの価値が失われ、使用されなくなることは永遠にないでしょうが、ストロボメインの撮影から、蛍光灯での撮影に変わって、現在は自然光での撮影がフォトスタジオ業界では最先端かと思います。

POSYはまだまだ蛍光灯での撮影が主流ですので、自然光での撮影は現在進行形で研究中でありますが。

自然光はとても素直で目に見たまま、感じたまま、いい感じと思った時に写真を撮ればそのままキレイに写真に写ってくれます。

しかし自然光はストロボと違い、誰にでも体験できるものなので、写真が趣味の人と、プロとの差がかなり縮まったと思います。

写真が趣味の方からすると、プロと同じような写真が簡単に撮影できるので、この流れは嬉しいことだと思います。

その分、プロは別の意味での進化を求められました。

同じ自然光を使っても差を付けられる技術や、自然光に合うように計算されたスタジオインテリアなど。

また光の使い方でいうと、逆光がやはり人気です。

斜めからの逆光を光がよく回る場所で撮ると、とても明るく柔らかい写真となります。

それ意外にも逆光は被写体をシルエットにしたり、レンズに大量の光を入れることによって起こるハレーションを使って幻想的にしたりもできます。

 

④ヨーロピアンアンティーク風

数年前のフォトスタジオのスタジオインテリア(というかセット)は、ヨーロピアンゴシック風の作り物のセットが主流だったように感じます。

しかしハウススタジオの人気がどんどん上がっていくにつれ、お客様の中でフェイクの子供っぽいセットより、本物のアンティークだったり、こだわりの雑貨や衣裳と一緒に撮影したいという声が大きくなりました。

このあたりは韓国から輸入された文化ですが、フェイクではなく本当に洗練されたヨーロピアンアンティークのスタジオインテリア。

これが現在の一番人気でないでしょうか。

このへんは市販のベビーやキッズのウェアにも大きく影響されてると思います。

色は全体的にくすんだ色味で、素材感を大事にしている感じが、おしゃれママ達には人気で、この辺も韓国からの影響です。

しかし、あくまでこのへんのテイストは「流行り」ですので、フォトスタジオ業界としてはその先を考えなければいけません。

いつだって流行に後から乗っていては遅いのです。

 

2回に渡ってフォトスタジオの写真について書いてきましたが、少しでもフォトスタジオや写真について、みなさんが興味を持って楽しめたのなら幸いです。

この記事を書いたのはnomuraです。

書いた記事一覧